はるのゆめ

ベルサイユのばらが大好きです

ロザリーの愛

オスカルは、女性から圧倒的に指示されるキャラクターだと思いますが、ロザリーは池田理代子先生曰く、自分を投影するか、もしくはジャマ者のようです笑とのこと。

でも、ロザリーは心の優しさ、清さ、そして正義感の強さ、気の強いところなど、実はオスカルと似ているところもたくさんあります。

ロザリーとオスカルは、パリで出会います。生活苦から身を売ろうとしたロザリーが、オスカルの乗った馬車に近寄り、あたしをひと晩買ってくださいと言ったことが最初の出会いです。

オスカルは大笑いし、わたしは女だと言って、ロザリーにもう二度こんなことをしないようにと言ってお金を渡します。

まだ、この時、ロザリーは12歳です。その後、二人は再会し、身よりのないロザリーは、ジャルジェ家で暮らすようになり、一人前の貴婦人になるための教育をオスカルから受けていきます。

ダ・ヴィンチ10月号にロザリーのことも書いてあり、なるほどと思いましたので、一部抜粋させていただきます。

「ロザリーは、オスカルの自分に向ける愛の形が、自分が抱く感情よりも遥かに大きなものであることを知っていく。身よりのない自分のいく末を親身に考え、幸せへの道を照らしてくれる包容力。その愛はロザリーにとって、いつしか"あこがれ"となり、その愛を自分の形に変え、別の人へと注いでいくことになる」という記載がありました。

その通りなのです。ベルナールとの結婚、また、エピソード編に描かれていた息子フランソワへの愛、そして、マリーアントワネットが処刑される前に、そば近くで、献身的にお仕えする姿など、ほかの方へ愛を注いでいく、ロザリーの姿が描かれています。

ロザリーは、オスカルとアンドレ、マリーアントワネット、そして、ベルナールとアラン、フェルゼンの最期までを見届けることになります。

池田理代子先生も、一見たおやかで、可愛らしいけれど、芯の強い女性とロザリーを評しています。

父上おこたえください!!

ジェローデルに結婚を断ったあと、父であるジャルジェ将軍を問いつめるような、思いをぶつけるようなオスカルの姿がとても印象的な場面です。

オスカルはもしあたりまえの女性として育っていたらと父に問いかけます。

自分も姉たちと同じように、嫁ぎ、子を生み、子を育て、そのような人生だったのかと、おこたえください!!と

父はそのとおりだ、もしもあたりまえの女性として育っていたらとこたえます。

以前、母から、父が自分に男として生きていく人生を強いてしまったことを後悔していると聞かされているオスカル

父のその言葉を聞き、父上感謝しますとこたえます。

女でありながら、これほどにも広い世界を、人間として生きる道を、ぬめぬめとした人間のおろかしさのなかで、もがき生きることを

もう後悔はございません、生涯を武官として、軍神マルスの子として生きましょうと父に言うのです。

人に決められた軍人としての人生ではなく、自らの意志で生涯を武官として生きるという決断をする場面です。

そして、エピソード編では、

決して何かを諦めた結果ではない、自ら選びとった道でございます。

という言葉が追加されています。

オスカルほどの大きな生き方の転換はないとしても、私たちもいくつかの選択をして、人生を歩んでいきます。そんな時に人に決められた人生ではなく、自分でその道を選んだと言える人生を歩みたいと願いますし、そのように歩んで欲しいという、作者からの強いメッセージのような気がします。

余談ですが、もう少しあとの場面で、ジャルジェ将軍は、アンドレにおまえが貴族でさえあったらと言います。アンドレのオスカルに対する気持ちを知ったあとにですが。

父は娘の生き方を認めているのです。でも、普通の女性としての幸せを掴んで欲しいという気持ちが続いていることが分かります。それが親の愛だと思いますし、ジャルジェ将軍の人間味溢れるところだと思います。

 

ベルばらの今昔

今年はベルサイユのばら連載開始から50年、ベルサイユのばら展が、六本木ヒルズで開催されていたり、雑誌にも特集記事が載ったり、マスコミに今年は多く取り上げられていて、昔からのファンにとっても嬉しい限りです。

芸術新潮9月号とダ・ヴィンチ10月号にもベルサイユのばらの特集が載っていて、買いました。ほかにも私が知らないだけで、載っている雑誌もあるのかもしれません。

9月23日NHKで、宝塚のベルサイユのばらの演出脚本などを手がけられた、植田紳爾氏がマリーアントワネットについてお話しをされていました。 

また、このブログでも記事にしましたが、9月21日に、NHKの歴史探偵でも、マリーアントワネットが取り上げられていました。

私は姉とベルサイユのばら展を見に行きました。姉は週刊マーガレット連載当時を知っています。

扉絵の展示もあり、あ、これは見たとか懐かしいとか言ってました。

来場されている人は、若い世代が多いようにも感じましたが、かなり幅広いのかもしれません。女性同志の組み合わせが多かったのですが、中には、比較的若い男性が2人で来ていたり、老若男女を問わず、人気があるのだと思います。

宝塚歌劇とアニメから、ベルサイユのばらを知った人の方が今は多いのかもしれません。

わたしは、姉ほど連載当時のことは憶えていません。

でも、連載終了後の宝塚の初演、そして、そのあとの花組アンドレとオスカル編は観に行きました。当時大人気でチケットはなかなかとれなくて、一番後ろの席で、双眼鏡を片手に、観た思い出があります。

そして、花組でオスカルを演じた安奈淳さんの大ファンになりました。でも、宝塚熱も安奈淳さんの退団で終わりを迎えました。

そのあと、ベルサイユのばらを観に行ったのは、紫苑ゆうさんのオスカルでした。凄く美しかったのを憶えています。

あと、ベルサイユのばらのラジオ放送もありました。

ノイズの多いラジオを、姉と耳をそばだてて聞いていました。内容はまったく憶えていませんが、佐藤オリエさんがオスカルの声をやっていたのは、憶えています。

映画化もされて、カトリオーナマッコールさんがオスカルを演じました。とても綺麗な人でしたが、女性そのものなので、オスカルのイメージとは違っていたと思います。

そして、カネボウ資生堂の化粧品のCMも話題になりました。

資生堂がカトリオーナマッコールさんを起用、そしてカネボウが「きみは薔薇より美しい」というキャッチコピーで、オリビアハッセーさんが、CMに出ていました。

そして、歌手の布施明さんが、「君は薔薇より美しい」という歌を歌って、ヒットしました。布施明さんは、その後、オリビアさんと結婚もしました。ネットで調べたら、今は森川由加里さんと結婚されているようですね。

昭和時代の話しをしました。こんなに長く愛されているベルサイユのばらという作品に出会えたことは幸せです。

普遍的なテーマを扱っているため、現代でも読まれているのだと思います。

私は今でも色褪せない面白さがあると思っているのですが、今の若い人たちが、この作品にどんな感想を持つのか聞いてみたい気もします。

 

 

エピソード編について

私は、ベルサイユのばらのかなり初期からのファンですが、その間ずっと好きだったかというと、そうでもなく、離れている期間も長かったです。

なので、エピソード編のことは知らず、コミックになって、店頭に並んでから始めて知りました。

エピソード編は、ジェローデルの話しが多いのは何故なのか、最近本編を読んでいて、分かりました。

本編のジェローデルが、出番は少ないのですが、何しろ素敵な男性なんですよね。

当時はどちらかというと、アンドレの恋敵くらいにしか思ってなかったのですが笑

池田理代子先生も、ジェローデルはお気に入りのようで、きっと描きたい話しが沢山あったのだと思います。

ベルサイユのばらは、オスカルの死後、10週で完結させるように、編集部から言われていたらしく、まだまだ、描きたいエピソードが、たくさんあったのかもしれません。

当時の絵が大好きだった私としては、そのまま、描いて欲しかったなと思います。サンジュストさまとかも、もっと描きたかったみたいです。あれだけの美貌ですから、もっと登場させたかったでしょうね。

ただひとつの愛の証

前回、パリで暴民に襲われ、アンドレへの気持ちを自覚した場面を記事にしました。この直後、ジェローデルに、結婚をことわる場面が描かれます。

オスカルはジェローデルにわたしを愛してくれているかとたずね、誓ってまことの愛とこたえるジェローデル

愛はいとしいひとの不幸せをのぞまないものだがと言って、話し始めます。

「ここにひとりの男性がいる。彼はおそらくわたしがほかの男性のもとに嫁いだら、生きてはいけないだろうほどにわたしを愛してくれていて、もし、彼が生きていくことができなくなるなら、彼が不幸せになるなら、わたしも、また、この世でもっとも不幸せな人間になってしまう」

ジェローデルはすぐに、この男性はアンドレであることを察します。

アンドレグランディエ、彼のために一生だれとも結婚しないのですかとたずねるジェローデル、そしてあなたも愛しているのですかとオスカルの気持ちをたずねます。

「わからない、そのような対象として考えたことはなかった。ただ兄弟のように、いや、たぶんきっと兄弟以上に、よろこびも苦しみも、青春のすべても、わけあって生きてきた、そのことに気づきさえもしなかったほど、近く近く魂をよせあって」

そのこたえを聞き、ジェローデルはオスカルがアンドレを愛していることを、アンドレが不幸せになったら、オスカルも不幸せになることを理解します。

そして納得しましょうとこたえます。そして、わたしもまた、あなたが不幸になるなら、この世でもっとも不幸な人間になってしまうからですとこたえます。

そして、うけとってください、わたしのただひとつの愛の証です、身をひきましょう。とオスカルの手に口づけをして、去っていく、ジェローデル。

素敵すぎます。何度も何度も読み返してしまうシーンです。ジェローデルの崇高な愛の姿に、心を打たれてしまう、ベルサイユのばら屈指の美しい別れのシーンだと思います。

わたしのアンドレが

このエピソードは、アンドレの毒殺未遂事件とジェローデルに結婚を断るシーンのあいだにあります。

パリにあるフランス衛兵隊の留守部隊に馬車で行くオスカルとアンドレが、パリの暴民に襲われるというエピソードです。

豪華な馬車で、治安が悪く危険なパリに行ってしまった二人は、パリの市民たちに襲撃されます。

このエピソードは、その頃のパリがいかに危険な街になっていたかを描いています。そして、オスカルが、アンドレに対する気持ちに気がつく重要な場面です。

暴民たちに襲われている貴族の馬車を発見したフェルゼン、当時は陸軍連隊長でしたね。

棒などで頭を殴られて倒れているオスカルを助け出します。アンドレは、まだ、暴民たちに襲われています。

アンドレがまだあの中にいるんだと助けに行こうとするオスカルを、こんなところで命をおとしたいかと引き止めるフェルゼン

その時に、オスカルは思わず

「はなせっ、アンドレが、わたしのアンドレ・・」と叫びます。

わたしのアンドレ、フェルゼンはその言葉を聞き、すぐにオスカルの気持ちを察します。そして、すぐにアンドレを助ける行動に移ります。

フェルゼンは、「わが名はハンス・アクセル・フォン・フェルゼン」と名乗り、暴民たちの注意を引きつけ、アンドレを助けます。

オスカルは前はこんなではなかった、フェルゼンをあんなところに残し、逃げられるなんて、ああ今は・・

とかつての想い人である、フェルゼンよりもアンドレを大事に想っている気持ちに気がつくのです。

この描き方もよく考えられているなと思います。

フェルゼンは、この時、オスカルにロシアと戦うために、スウェーデンに帰国すると告げています。そして、フェルゼンが、再び、フランスの地を踏むのは、フランス革命が起こり、オスカルもアンドレも命を落としたあとになります。

この時が、二人がこの地上で会う最後の時となってしまいます。

 

 

 

御身が血に染まらんより

国民議会が開かれますが、もとの三部会に戻って、議論するようにとの国王陛下の言葉を無視して、平民議員たちは会議場に留まっています。

オスカルは、上官のブイエ将軍から、平民議員を武力で、追い出すように命令を受けますがそれを退けます。そのため謀反人として逮捕されます。

近衛兵に同じ命令が下り、会議場に向かっていることを知らされたオスカルは、拘束を振りほどき、それを阻止するために、馬を走らせます。

そこで、ジェローデルと対面します。

ジェローデルは、近衛兵を率いて、会議場に向かうところでした。

オスカルは、さあ撃てと言います。武器も持たない平民議員に手をだすというのなら、わたしの屍をこえていけ、わたしの血で紅にそまっていけ、撃てと言います。

このシーンのオスカルの凛々しさは、勿論とても素敵なのですが、それに応える、ジェローデルも本当にとても素敵です。

剣をおおさめください、あなたのまえで、どうして、武器ももたぬ者に、武力をくわえる卑怯者になれるでしょうか。彼らが武器をとる日まで、その日まで待ちましょう、そして退却していきます。

その時に、ジェローデルが、オスカルを想うモノローグです。

「あ・・あ、きみは知りたまわずや、御身が血に、御身が血に紅くそまらんよりは、よし、むほんにんとなりて、断頭台にたたん、わがシルフィード

あなたは知っているだろうか、いや知らないだろう。私の愛するあなたが、銃弾に撃たれて紅く血に染まるくらいなら、私が謀反人となって断頭台に立とう、わたしの愛する人

という恋のうたです。(多分( ;  ; ))

ジェローデルは、その後、謀反人として捕えられ、官位を剥奪され、営倉に入れられることになったとエピソード編にはありました。そのために、わたしは生き長らえてしまったと語っています。